ヒゲ脱毛は痛い?痛みが少ない脱毛器は

ヒゲ脱毛は痛い?痛みが少ない脱毛器は

ヒゲ脱毛は痛い?痛みが少ない脱毛器は

男性が脱毛をしたい場所と言えばヒゲではないでしょうか。
毎日のお手入れにも時間がかかりますし、ヒゲが濃い人は朝剃っても夕方には
青くなってくることもあります。こんな面倒なこととはサヨナラしたいですよね。

 

けれど、ヒゲの脱毛は痛いという評判もあります。ひげ脱毛はそんなに痛いのでしょうか。
クリニック、脱毛サロン、家庭用美顔器でどれだけ痛みに違いがあるのでしょうか。

 

クリニックでは、医師免許を持っている人だけが使えるレーザー脱毛を行っています。
この機械は出力が大きく効果も期待できます。

 

永久脱毛と名乗っていいのはクリニックの脱毛だけなのです。
その分、痛みも大きいので我慢できない人もいるほどです。ただクリニックの場合は、
麻酔を使うことができますから、あまりに痛い時には麻酔を使って痛みをなくすことができます。
麻酔注射の痛みだけでひげ脱毛ができるということです。

 

脱毛サロンでは、クリニックほどの出力はありませんから、痛みもクリニックほどでは
ありません。ただ、やはり個人差が大きいものですので痛いと感じる人はとても痛いようです。

 

脱毛の際の痛みでよく言われる表現として、輪ゴムでパチンと弾かれた程度というものが
ありますが、ヒゲは身体の中で髪の毛に次いで毛が密集しており、毛も濃く太いので
他の部位の脱毛よりはかなり痛くなります。

 

脱毛サロンでは麻酔を使うこともできないので、痛くて我慢できない場合には
出力を下げて対応することになります。しかし、出力を下げると脱毛効果も下がるので、
通う回数が増えることになります。

 

家庭用脱毛器は機械によって異なりますが、レーザー脱毛の機械はやはり痛みが
大きいようです。家庭では麻酔を使うことはできませんから、人によっては痛すぎて
使えないこともあると言います。

 

フラッシュ脱毛の1ショット型は強い光を1回照射するタイプで、
痛みはレーザー脱毛器とそれほど変わりません。ただ、照射範囲が広いので
痛みを感じる回数は少なくなりますが、効果はレーザー脱毛器の方が高くなります。

 

複数ショット型のフラッシュ脱毛器は威力を抑えた光を連続で照射するので、
一回の痛みは少なくなりますが、何回も痛みを感じることになります。
脱毛に時間がかかるのも問題点です。

 

これらのことをふまえた上で、家庭用脱毛器を選ぶことをおすすめします。